大森歯科医師会の紹介
大田区は東京都のほぼ西南部に位置し、東は東京湾に面し、西と南は多摩川をはさんで川崎市と隣り合い北は品川、目黒、世田谷の各区に接しています。
東京都大田区大森歯科医師会は、大正15年に東京府歯科医師会荏原郡支部会として発足し、昭和8年に東京府歯科医師会大森支部、昭和18年に東京都歯科医師会大森支部、昭和22年に社団法人東京都大田区大森歯科医師会となり、更には平成24年4月1日より公益社団法人東京都大田区大森歯科医師会として新たにスタートしました。平成27年には創立90周年を迎えた伝統ある法人です。
会員数も発足当時は10名余りでしたが、現在では300名を越える歯科医師が所属しています。きっとあなたのホームドクターも大森歯科医師会の会員であることでしょう。
また、昭和38年4月には歯科医師会館が落成、会員の拠点として学術の研鑚、公衆衛生などの各種講習会に広く利用され、地域の人々にも開放されてきました。しかし、その会館も築45年を超えて老朽化が進み、安全面からもリニューアルの必要が生じるまでになりました。
平成24年4月、旧会館と同じ場所に、現在の新会館が建設されました。新会館は決して華美ではありませんが、耐震性にすぐれ、災害時にも拠点となれる、機能的で使い勝手の良い会館となっています。これからも公益法人にふさわしい、区民に開かれた会館にしていきたいと思っています。
この会館を拠点に公益社団法人東京都大田区大森歯科医師会は大田区との良き連携を取りながら、区民のために地域医療・公衆衛生・福祉の推進を図り、皆様の健康の維持・増進に尽力していきます。

会長挨拶
このたびはホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
大森歯科医師会は、大田区大森地区の診療所、地域基幹病院や大学病院に所属する歯科医師が会員となり、公益社団法人として大田区行政と協力して、地域の皆様のお口の健康を守るためさまざまな活動を行っております。
地域の皆様向けの活動として、各種イベントや口腔がん検診を行い、会員が分担して各種施設や学校での歯科健診や指導事業、災害時対策などを行っています。また、会員向けに学術講演会や公衆衛生講演会を開催し、会員の医療レベル向上にも取り組んでいます。
歯科健診」や「その他の活動」のページでは、それらについて詳しく紹介していますので、是非ご覧ください。
お口のことで、お痛みや不具合があるときは、大森歯科医師会会員にお気軽にご相談下さい。

公益社団法人東京都大田区大森歯科医師会会長 中島穣

本会定款・諸規則
公益社団法人東京都大田区大森歯科医師会 定款
公益社団法人東京都大田区大森歯科医師会 役員報酬等及び費用に関する規則